菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


役者がそろい…

さぁよいよ舞台も完成いたしました。
今は役者のリハーサルの追い込みです。
緊迫した空気と共に笑顔、元気な声が館内にこだましています。


ちょっとあの静寂の時期が懐かしく…



20060630201245.jpg20060630201406.jpgDSCF0307.jpg


20060630201445.jpg
20060630201523.jpg20060630201547.jpg20060630201615.jpg


20060630201735.jpg20060630201819.jpgDSCF0326.jpg


20060630203639.jpg


20060630205053.jpg


20060630205728.jpg


 


 


  


 


温故知新  


古き舞台に立つ若き役者たち 
この館に気を注ぐ
キシキシとなる床音にも、ほのかな灯の裸電球にも
庭園の木々にも


そして清き湯にも…


photo  by  サラリーマン番頭







スポンサーサイト
季節の絵はがき

0 TrackBacks
3 Comments

旅館に洋館メゾネット

20060622203134.jpg
20060622203619.jpg古くは娯楽施設として使われていました。
近年は倉庫でひっそりと…


そして今新たに…


20060622203825.jpg20060622203935.jpg


20060622204414.jpg


20060622204455.jpg


 


 


 


 


 


 


photo  by  サラリーマン番頭



季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

衣装のお披露目

こだわりました。



20060619174045.jpg


 


20060619174515.jpg


20060619174713.jpg


つづく


 


photo  by サラリーマン番頭



季節の絵はがき

0 TrackBacks
1 Comments

椅子が好き

私,椅子が好きでして
開業準備が始まり蔵や倉庫を整理していると
ボロボロの椅子がホコリまみれででてきました


もう数十年、役目を終え20060617204213.jpg
暗い蔵の中で時を刻んでいたのでしょう…


見るも無残な姿に「廃棄」の紙が貼られました
「絶対のこして!」の私のわがままに「カリモク家具」さんが
力を注いでくれました。


20060617204646.jpg20060617204843.jpg


どうですか?いいですよねぇ
なんともいえないシルエットではないですか?
カリモクの職人さん本当に無理なお願いいたしました、「感謝」デス


20060617204717.jpg20060617205416.jpg


そして、「平成の椅子達」


 



20060617205848.jpg20060617205607.jpg


20060617205655.jpg


 


 


 


20060617205935.jpg20060617210016.jpg


 




20060617210108.jpg


 


 


腰掛けて「ふっ」と吐息の出てしまう椅子
お気に入りの椅子を見つけてください。


 


photo  by  サラリーマン番頭


 


 












 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

お食事処

さて今日は「お食事処」をチラっと


提供されるお食事は「趣肴会席」(しゅこうかいせき)
今日の献立はお客様が組み立てる
簡単に申しますと…100通りのメニューが…お客様の好みで…
おかわりも…お部屋出しの感覚で…


なぞなぞでした。
ただ、おそらく今まで日本旅館には不可能とされたものですね。


20060615204744.jpg


お一人様の…



20060615204848.jpgお二人様の…


20060615205009.jpg


四名様の…


20060615205119.jpg
20060615205158.jpg20060615205237.jpg



20060615205327.jpg六名様に…


今日はこれくらいに


photo by サラリーマン番頭








 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
1 Comments

雨もまたよし

20060613201619.jpg


雨の中、各メデアの方々の取材お疲れさまでした。
また数多くの方達の目にふれる事と思います。


前回よりこのブログにお越しの皆様には先行して
新しくなった「湯回廊菊屋」をご案内しておりますが、庭園の風景を交え
続きをごらん下さいまし。


20060613202438.jpg20060613202517.jpg


離れを巡る回廊20060613202651.jpg


20060613203306.jpg20060613203524.jpg


ライトアップされた庭園20060613203629.jpg
離れ客室



20060613203722.jpg離れ露天のお風呂


20060613203934.jpg20060613204008.jpg


20060613204136.jpg珈琲の香りと琥珀色のグラスを
傾けるラウンジ


20060613204338.jpg20060613204411.jpg



 


雨は緑をいきいきとさせる。
そして昔、ここを「積翠堂」、緑を積み重ねた館と呼んだ
著名人がいた…


20060613205128.jpg吹き抜けの存在感は古い梁
古き洋館はメゾネットに
20060613205227.jpg20060613205518.jpg


P1010353.jpg屈折する光が柔らかい平成の館


つづく


photo by サラリーマン番頭


20060613210155.jpg


 


 


 














季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

特別公開

さて、初公開「湯回廊菊屋」の平成の顔
少しだけ覗いて下さい。


20060610193453.jpg 20060610193613.jpg


20060610193646.jpg20060610193716.jpg


20060610194134.jpg20060610194216.jpg


20060610194302.jpg


20060610194349.jpg20060610194415.jpg


今日はここまで


photo by サラリーマン番頭








季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

一人旅

よいよあと1ヶ月となりました。
お部屋のしつらいもそろそろ皆さんにご紹介いたしましょう。


私自身も苦労しますが、温泉旅館への一人旅、
なかなか受け入れて頂けないですね
最近は少し対応いただける宿も多くなりましたが、「平日のみ」とか
忙しい時期はまだ積極的に受け入れていだだけません。


「映画」もそうですが、一人で行きたい時ありませんか?


ここ湯回廊 菊屋は積極的に一人のお客様に来て頂きたい!
そこで、お一人様専用のお部屋を作っちゃいました。


20060608130213.jpg20060608130120.jpg


20060608130422.jpg
20060608130658.jpg誰にも気兼ねなく


一人の時間を大切に考えます。
P1010935.jpg
カラコロと下駄を鳴らして、修善寺を散策するもよし、


20060608133135.jpg


文豪をまねて、何かに没頭するもよし…


photo by サラリーマン番頭




季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

想像して下さい。

まだ館内には電気が通っていません
夕暮れ時、館内を巡ると、川音だけが耳に残ります。


これから沢山の人がここで過ごす…
今だけの静寂と自然光の演出は私だけの楽しみの一つ…


20060603174157.jpg20060603174910.jpg


長く差し込む黄昏の日差し


 



 


20060603182403.jpg


 


20060603183910.jpg20060603184025.jpg


P1010396.jpg20060603174508.jpg



 


静寂の要素には「風の音」
「せせらぎ」は含まれると思う


20060603174930.jpg20060603180545.jpg


 


竹林の葉音…
雨音もまた良いと思う。


P1010412.jpg手すき硝子のゆらめきは
水禽窟の響き?…風鈴の音?


 


P1010411.jpg20060603175034.jpg


20060603175010.jpg想像してみて下さい
静寂を…


 


20060603184305.jpg20060603184709.jpg


 


photo by サラリーマン番頭












季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

蚊帳ごしに…

おくゆかしい…


そんなコメントを頂ました。
「蛍」の灯火はほんとうに「おくゆかしい」ですよね。


昔は蚊帳に蛍を放ち楽しんだ日本の夏…
ここでは、蚊帳の風景を作ります、日本の夏の情緒を
お届けいたします。


20060601203509.jpg


 


 


漱石もここで「蚊帳越しに…」といくつかの句を読みました。
この空間に身を置いた時、きっと思い出す優しさを感じる事でしょう…



20060601203452.jpg 


phto by サラリーマン番頭


季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。