菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


夏も過ぎ…

しばらくご無沙汰してしまいました。


去年の9月からここに来て1年が経ちました。
なんとかお客様をお迎え出来るようになり  「あっ」 っと過ぎた1年
賛否両論はございましょうが …まだ首はつながっております!

いやいやサラリーマンゆえ様々気になる物ですよね。


そんな訳で1年 私の中では 湯回廊菊屋の1年目スタート そして
361年に突入!(正確には多分違う)しました 修善寺の宿屋。


1年の季節を体験する中で 私の一番好きな季節がコツコツとやってきました。
葉先から色が染み込みます。
20060910142918.jpg


 


 


 


まだ蝉は盛んに鳴いているのに どこかでスイッチが入るのでしょうね 


 


20060910143612.jpg


 


 


 


昨年の色です 
今年の色が インクが染みて行くように 原色に変わり 水面や回廊の硝子に
色を添えます。


20060910144600.jpg


 


 


DSCF0326.jpg


想像してください この庭は ほとんど 楓 
ライトに浮かぶ真紅の杜。


 


 


 


photo by  サラリーマン番頭




スポンサーサイト
季節の絵はがき

1 TrackBacks
5 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。