菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   少しデザイン変更

     トップページの写真を変更して見ました。
     いかがでしょう?
     初めて御覧になる方は「どんな感じだったの?」と
     思われるかもしれませんね・・・
     (庭と熊手の写真だったんです)

     いつも訪問して頂いているファンの方々、感想など
     頂けると幸いです。

     日本庭園を望む古い窓。
     現代の平面ガラスではなく、昔のガラス・・・・
     窓越しの景色が揺らいでいます。

     今にも歌が聞こえて来そうな「大きな古時計」。
     以前、当ブログで何回も登場しましたね。
     手巻きの時計。
     SEIKOの旧名「精工舎」製です。

     個人的には結構、この2つ好きなんです・・・

     菊屋で探しませんか?
     

nabe4.jpg

DSC_0127-1.jpg

 

 


             更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                        Please click it.
                    
             FC2 Blog Rankingまだまだ・・・・ 

         ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

スポンサーサイト
つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments

   宿は「無財の七施」

     今夜は久しぶりの夜勤勤務・・・・・・・・・
     一人、菊屋の夜を守っております。
仕事もひと段落し、他の宿のブログを見ていた所
京都の、とある宿の若女将が発信しているブログ記事に
興味を引かれました。
(実は面白くて、よく見ているのです・・・)
作家でもあり、作詞なども手掛けている五木寛之氏の講演での話です。

以下、若女将のブログより抜粋
=========================
氏は冒頭にこう言われました。
「私は旅館という仕事はとてもうらやましい仕事だと思う」と。

氏は仏教に造詣も深く、「布施」について説明されていました。
布施とは「行」であり、布施をした人に幸せがくるという考えが仏教にある。

旅館業は、「無財の七施」というものを網羅している。
それら「行」を全て行える仕事だ、旅館というものは。

「好きでこの仕事をする」というのは
一見強そうだが嫌になることもある、続かないのだ。
好きだから…楽しいから…面白いから…は自分本位だから続かない。

mission(使命感)を持って、天職・天命だと思って仕事をする。
「行」とはやらなきゃいけない。自分が何かを捧げることです、と。

仕事をしていて辛いなぁ、と思ったときは
どうぞこの事を思い出してください…と、氏は締めくくりました。

「人間はそれぞれの場所で、それぞれの行を与えられている。
布施を返していくことで行を積む。積むことで人間は成長するのだ」

そうです、旅館という仕事は家業とはいえ
ここで働くことが私に与えられた有難い「行」なのです。
===================================

いかがですか?
同じサービス業で働いている方、何か感じ入る所ありませんか?
「無財の七施」、調べました。

1 眼 施 がんせ    慈眼施ともいい、慈しみに満ちた優しいまなざしで、
                すべてに接することをいいます。温かい心は自らの
                目を通して相手に伝わるのです。

2 和顔施 わげんせ  和顔悦色施ともいいます.いつもなごやかで
                穏やかな顔つきで人や物に接する行為です。
                
喜びを素直に顔の表情にあらわしましょう。

3 愛語施 あいごせ  言辞施(ごんじせ)の別称もあります。文字通り優し
                 い言葉、思いやりのある態度で言葉を交わす
               行ないをいいます。

4 身 施 しんせ    捨身施ともいいます。自分の身体で奉仕をすること。
                身体で示すことをさし自ら進んで他のために尽くす気
                持ちが大切です。

5 心 施 しんせ    心慮施。他のために心をくばり、心底から共に喜び共
                に悲しむことができ,他の痛みや苦しみを自らのもの
                として感じ取れる心持ち。

6 牀座施 しょうざせ  たとえば自分が疲れていても電車の中で喜んで
                席を譲る行為。また競争相手にさえも自分の地位を
                譲って悔いなく過ごせることをいいます。

7 房舎施 ぼうしゃせ  風や雨露をしのぐ所を与えること。自分が半身濡れな
                がらも、相手に雨がかからないように傘を差し掛ける
                 思いやりの行為など。

     どれをとっても,人に対する思いやり,優しさに溢れた言葉であることが
     分かっていただけると思います.
     
     確かにサービス業は「好きだからこの仕事をする」は続きません。
     何の仕事でも良い事ばかりではありませんし・・・・・

     「使命感を持って、天職・天命だと思って仕事をする」
     これかも知れませんね・・・・・
     サービス業にかぎらず、他の業種も同じではないでしょうか。

     皆さん、私たちも仕事が辛くなったらこの事を思い出しましょう。

     いつになく長々と書いてしまいました。
     お付合いして頂きありがとうございます。

                               更新の励みになっています。
                     クリックして頂けると幸いです。
                                    Please click it.
                    FC2 Blog Ranking ←仕事は行ですよね!                                    
                  
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 


つれづれに

0 TrackBacks
1 Comments

   菊まつりと絵の具

     もうすぐ10月も終わりに近づいてきましたね。

     しかしこの時期だからこその風物詩が
     近隣の施設「修善寺虹の郷」にあります。

     そうです「菊花まつり」なんです。

img_3470.jpg 
img_3478.jpg 

     実は今日から始まりました。
     来月10日まで開催です  
     よくある菊人形ではなく、日本庭園を中心に菊の花での
     造形が主体です。
     もちろん菊の愛好家の皆様による菊花会も行われていますよ。
     伊豆では結構大きな「菊花まつり」になります。
    
     是非、菊屋お泊りの際は御覧になってみてください。
     
     ただ、有料施設ですが、お泊りのお客様は
     通常1000円の入園料が、4割引の600円で入れる前売り券が
     ありますので帳場にてお申し付け下さいませ。

     これが終わる頃は秋本番・・・・・・・

           私は紅葉の事を
      
         「秋色の絵の具」
と呼んでいます。

      絵の具の色は沢山ありますよね。
      秋の色も同じです。

          緑から赤までの変化・・・そして落葉。

          絵の具の饗宴、待ちましょう。

           皆様からのコメントもお待ちしています。
            感想や御質問、なんでも結構です。
            お待ちしていま~す。
                  
                               小番頭

               <<昨年の絵の具ギャラリー>>

DSC_0138.jpg       DSC_0135.jpg 

 

DSC_0064.jpg DSC_0124.jpg 

 
















   
                                        更新の励みになっています。
                     クリックして頂けると幸いです。
                                     Please click it.
                       FC2 Blog Ranking ← 良かったらポチッと                                    
                  
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   日枝神社大祭、結果は・・

1018-11.jpg

 




     いよいよ本隊が緩やかな坂道を登ってきます。
     威勢のいい男衆!(おお!神輿に乗ってる!)

     やはり、ばてている・ばてている。
     菊屋玄関前で神輿を置きグロッキー状態・・・・

     ちょうど知人達も担ぎ手でいましたので
     一言、二言、三言と釘を刺します!!!
     ここから、しばし伊豆弁の会話・・・

        「今年はひゃーちゃ、ダメだぜ!」
        「い~じゃーぁ!縁起もんだーもん。」
        「いやいや!ダメッつったらダメ」
        「そんな事、ゆわにゃーで、ひゃーらしてよ。」
        「だめだっ!つって言ってるジャン!
            玄関あかにゃーかんね。」
        「いいよ~・・手であければ開くら~?」

     分かります?この会話・・・
     まあ通訳いたしますと・・・・・・・

        「今年は入っちゃ駄目だぜ」
        「良いだろ?縁起物だもの」
        「いやいや!駄目だって言ったらダメ!」
        「そんな事、言わないで入らしてよ」
        「だめだって、言ってるジャン。玄関、開かないからね 」
        「いいよ~。手であければ開くでしょ?」 

     ローカルな、さもない会話ですよね(笑)

     そうこう言ってる内に時間です。
     奴ら、狙ってます。玄関に迫ります。
     E管理支配人と玄関ブローック!

1018-12.jpg

      1018-13.jpg

 









 



      押してくる事!×2・・・

     後ろは押すだけ、前はブレーキ。
     どうにも止まりません。
     (どうしても1枚撮りたくて戦列抜けました・・・)

     結局ですね・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     机の上にあったお神酒用の、1升瓶を落として玄関前で粉々!
     あ~・・・やっちゃった~・・・って感じです。
     もう、町内会の役員さんで片付け。
     神輿はというと役員サンだけ置いて、どんどんと先に行ってしまいました。
     役員さん、平謝りです。
         (無理して入ろうとするから・・・・)

     まあ、今年は乱入は阻止。
     被害は1升瓶1本と玄関の酒臭さのみでした。ふ~・・

     さあ、最後の神輿。向かいの詰め所から出た「中神戸町内会」
     ここは威勢が良いんですよ。

1018-14.jpg 

1018-15.jpg

  

1018-17.jpg

1018-18.jpg 

     どうです、この威勢の良さ。人数の多い町内会ですからね。  
     町内会、菊屋のお客様、観光客で菊屋前は大賑わいです。 
     上下とも車が来ようが動きません。

     午後9時過ぎ、お祭りも無事終了。(ご苦労様でした)
     我々も撤収・撤収。玄関前が少し酒臭いけどいたし方ナシ。

     何とか今年の日枝神社大祭も終わりを告げました。
     来年の大祭は日曜日。
     いかがでしょうか?毎回、菊屋前はこのような大騒ぎ。
     是非、お越しくださいませ。お待ちしています。

     乱入を期待していたですと?
     ざーんねん。無しです!!
     身を挺して玄関を守ったE管理支配人に拍手!!

                                              

                                                 更新の励みになっています。
                     クリックして頂けると幸いです。
                                     Please click it.
                FC2 Blog Ranking ← 秋の風物詩                                    
            
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 


季節の絵はがき

0 TrackBacks
3 Comments

   平成20年日枝神社大祭

1018-1.jpg  平成20年10月18日
午後6時。
今年も始まりました「日枝神社大祭」。

1018-2.jpg 

1018-3.jpg

 今年も「中神戸町内会」が
菊屋の駐車場に
詰所をもうけ神輿が出発しました。

 

1018-5.jpg   

1018-6.jpg

 

 



     今年は大祭当日が土曜日という事もあり
     当菊屋も満室を頂戴いたしました。
     私達も玄関先に「御神酒場」を設け神輿を待ちます。
     子供神輿にはお菓子や飲み物、大人神輿にはお神酒を
     お振る舞いです。

     もちろん、お泊りのお客様や通りすがりの方々にも
         お振る舞い・お振る舞い・・・

     各町内会の御神輿がやってきました。
     詰所によった後、菊屋の玄関先にも寄って御神輿を
     大きくあおります。
     その後、みんなが並んで3本締めや御挨拶!
          
       「益々のご繁栄お祈り致します。」
            ありがと~ございま~す。(感謝×2)

1018-8.jpg 1018-9.jpg


 

 

 

 

  
 
      段々夜も更けてまいりますと、お泊りのお客様も
     見物に外へ出てきました。
      
       「御神酒どうぞ~!」

     菊屋前は、どうも見物しやすいのか人が集まってきます。
     外国の方を連れたグループがいました。

        「プリーズ。ジャパニーズ・SAKE!」

     変な英語ですが、まあ御愛嬌で・・・・
     枡酒、一気ですか!大丈夫かな。

        「GOOD!オイシーデ~ス!」(笑)

1018-7.jpg 

 


 



 






       親子でしょうか?いい笑顔です。
       「本当は菊屋さんに泊まりたかったんですけどね・・・
         金額が合わなかったんですよ・・・」
      申し訳ありませんでした・・・

     ぼちぼちヤバイ時間になってきました!
     昨年の二の舞にならないよう準備しなくては!!!

     「今年は中に入れない!!」

     自動ドアの電源を切り、テーブルをドア前に置きブロック。
     昨年の模様をこのブログで御覧になり本日、お泊り頂いている
     お客様も実はいらっしゃいます。
     乱入を期待されているかと思いますが駄目です!
     入れませんよ。今年は!(笑)

     そうこう言っている内に来ました、「小山町内会」!
     小さいながらも手筒花火で場を盛り上げています。

1018-10.jpg


      
             
        えっ!お客様のお呼び?
         残念ですが、この続きは次回・・・
            どうなる菊屋!またまた乱入なのか?


                   更新の励みになっています。
                     クリックして頂けると幸いです。
                                     Please click it.
                FC2 Blog Ranking←守ってください。菊屋!
                                    
            
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   一万本の風車

DSC_0043-1_20081017002516.jpg 

  

     お休み頂きまして色々な事を考えておりましたが
     「一万本の風車」の見出しに心動かされまして
     御殿場にある「御殿場高原ビール」に行ってきちゃいました。
     別にビールの言葉に惹かれてではなく
     「一万本」に惹かれてですので・・・・

     まあ見事!の一言ですね。
     従業員の手作りと聞き更に驚き!
     風に揺られカラカラと回る風車・・・・・
     時間の経つのを忘れ、風車の中に
     たたずんでいました。
     何か別次元にいる感覚です。

DSC_0022-1_20081017002449.jpg 

DSC_0053-1.jpg 

     時間を忘れ、何も考えず見とれていました。
     多くの観光客の方々もいましたが
     さっと1周して帰ってしまうのは「もったいない!」。

     他の施設の事ですが少し御紹介させて頂きました。

     さて、18日(土)は近所にある「日枝神社大祭」です。
     各町内のお神輿が回っていきます。
     昨年は「御神輿乱入事件」がありました。
     今年はどうなる事やら・・・・・・

     昨年の模様はこちらで

            更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                        Please click it.
             
       
               FC2 Blog Ranking カラカラと・・・
 
             
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   あいつ達!

     深夜の事です。
     私、仕事帰りに遭遇いたしました。
     「あいつ達」・・・・・逃げないんですよ、これが!

     菊屋から200m位離れたところの道路に「あいつ達」が
     いました。
     長く修善寺にいますが温泉街の近くで会うのは初めてです。
     奥にある部落の畑や田んぼには出没しますが
     道路には中々おりませんね・・・・

DSC 001-11 

     たまたまカメラをバックに詰め込んでいましたので
     車から降りて激写!(目が光ってしまったのは御愛嬌で・・・)
     フラッシュをたいても逃げる気配なし!
      「こいつら!いい度胸してんじゃね~か!」
     などと独り言を言いながら5m位まで近寄ったのですが
     さすがに山に帰っていきましたね。
     
     でも山の中で会う「イノシシ」よりはいいかも・・・・
     2度ほど山で会った事ありますが、ビビリます!

 

             更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                        Please click it.
             
       
               FC2 Blog Ranking 深夜の訪問者にクリック
 
             
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

 

つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments

   秋の飾り付け

     しばらくぶりになってしまいました・・・
     ネタがたまっております。
     今回、すこし続けて書かせて頂きます。

     今月になりまして、「とんぼ」の飾り付けをいたしました。
     天井から吊るしたり、柱に取り付けたりと賑やかになっています。

     菊屋の詩人がなにやら書いてありますよ・・・・・

        「生きてあおぐ 空の高さよ 赤とんぼ」

DSC_7-1.jpg

 

              更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                        Please click it.
             
       
               FC2 Blog Ranking菊屋の詩人にクリック 
                              
 
             
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   秋の言葉?かな・・・

 

 

     神無月。
     出雲大社に全国の神様が集まって、一年の事を話し合うため
     出雲以外には神様が居なくなる月の意味だそうですね。
     (勉強になります・・・・)

     しかし・・・・もう10月。(早い!)

     東北の山々のキャンバスに、秋の絵の具が塗られるんですね。
     伊豆は南に位置しますので多少、朝晩は冷えますが
     日中はとても過ごしやすい季節になりますよ。

     こんな文章を見つけました。

     枕草子・第一段より

        秋は夕暮。
        夕日のさして山のはいと
        ちかうなりたるに、
        からすのねどころへ行くとて、
        みつよつ、ふたつみつなど
        とびいそぐさへあはれなり。
        まいて雁などのつらねたるが、
        いとちひさくみゆるはいとをかし。
        日入りはてて、風の音むしのねなど、
        はたいふべきにあらず。

     ---訳---
       『秋は夕暮れ(がいい)。
        夕日がさして山の端にたいそう
        近くなっているころに、烏(からす)が
        ねぐらへいこうとして、
        三羽四羽、二羽三羽などと、
        飛び急ぐのまでがしみじみと感じられる。』

     童謡に似た歌がありますよね。(七つの子?)
     歌といえば、どんな秋の歌を歌いましたか?

      赤とんぼ・夕焼け小焼け・たきび?
      それとも、虫のこえですか?
    
      個人的には「小さい秋見つけた」が好きでした。



             更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                        Please click it.
             
       
               FC2 Blog Ranking 目隠し鬼さん
                               手の鳴る方へ!
 
             
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 



つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。