菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


  何をしようかな。

     何もしない日があってもいいじゃないですか?

     桂川の音を聞きながら珈琲タイム・・・・

     温泉にはいってホッコリ・ホンワカ・・・・

     お部屋の椅子で読書・・・・

210323-1.jpg 

     観光地に来て何もしないって難しいかも・・・
     あそことここには行くんだ!
     いろいろ計画してしまいますもんね。

     散策程度に抑えてゆっくり過ごしませんか?

     来週になると桜も開き始めますよね。
     修善寺は桜の名所的な所はありませんが
     桜を見つけながら歩くのもイイかも・・・・・・

     意外な春の発見があるかもしれませんよ。

210323-3.jpg nabe1.jpg

 

     ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

        ================================================ 
              
  更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                  ↓ Please click it.  ↓
            
       
               FC2 Blog Ranking  ←ノンビリ派の方!

         ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しました。よろしくです 。  
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ



 

スポンサーサイト
季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   夏目漱石と菊屋

Natsume_Soseki_photo.jpg


 

      明治43年8月夏目漱石先生が胃潰瘍の療養にため修善寺を訪れました。
     ところが病状が悪化し、闘病生活を送る事になった「修善寺の大患(たいかん)」は
     この菊屋が舞台となりました。

     修善寺に来る前年に満州(中国にある日本の領土)を旅行されましたが
     どうもその頃より胃を悪くされていたそうです。
     翌年6月、家族の勧めで診察を受けますが、ここで胃潰瘍の診断をされ
     約1ヶ月半の入院生活を続けました。
     退院後、松山時代の教え子で詩人でも有名な「松根東洋城」さんの勧めで
     病後の静養にどうかということで修善寺行きを誘われます。
     松根さんは当時、北白川宮家(旧宮家の一つ)の御用掛けを勤めており
     宮様のお付で修善寺を訪れる事になっていました。
       (御用掛け・・・・元、宮内省などの命を受けて用務を担当する職の事)

     8月6日の夜、菊屋別館においでになりましたが、急の為に迎えにも上がれず
     お部屋も用意できません。
     この夜は「西村様」という方に、特別に部屋を空けていただき『梅の間』に
     泊っていただきました。
     しかし翌日、別館は「北白川宮様」と「西村様」の全館貸切です。
 
     先生が本館に新しくできた部屋を気に入ってくれましたので
     そちらに移っていただきます。(現 虹の郷に移築)

     到着後3日目には早くも床についてしまう程、日に日に悪化していきます。
     8月24日夜8時ごろ、4回目の吐血量は500gに達し、脳貧血から
     一時は昏睡状態に陥ってしまうほど危険な状態が続いたようです。

     25・26日と日が経つにつれ、回復に向かい10月11日、東京に帰られました。
     修善寺の医者が考案した、舟形の寝台に布団を敷き、それに先生を乗せ
     馬車と電車を乗り継いで三島駅に向かいました。
     当時の番頭が屈強な人足を4名連れて行きましたので
     乗り換えも事なきを得たそうです。

     修善寺の体験は「思い出す事など」・「修善寺日記」につづられ
     その中に死生観の事を伺う事は可能です。

     と、夏目漱石先生と菊屋の関係を、お話させていただきました。
 

     なぜ、菊屋と漱石なの?この疑問・・・・・
     これでお分かり頂けましたでしょうか?


     実はまだ皇族の方々のお話などもあります。
     こちらも重要なお話しになりますので日を改めまして・・・・・・

     ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

        ================================================ 
              
  更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                  ↓ Please click it.  ↓
            
       
               FC2 Blog Ranking  ←歴史ですね・・・

         ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しました。よろしくです 。  
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ



つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments

   春の準備かな

     修禅寺に行ってきました。
     「寒桜」が満開です。
     何かもう春が来たような感じ・・・ 
     面白い俳句を見つけました

          「早咲きの 桜ほんのり 頬染めて」

          早咲きの桜は 何やら寒さで赤くしているホッペの様な感じ・・・

     淡い桃色の花びらをホッペに例えたんでしょうね。

210313-3.jpg

210313-4.jpg

 

     菊屋の中も春の準備が着々と進んでいました。
     この時期に咲く花。
       少しずつ緩んできた蕾・・・・
     キャンディーズ(古いですか?)の歌ではないんですが

           「も~すぐ、、はーるですね~え。」

     210313-5.jpg

210313-6.jpg

 

210313-7.jpg   

 

        個人的には「花粉症」がひどいので
        春は一気に通り過ぎて欲しい気もありますが・・・・でも春は好きです!(大!矛盾。) 

 

      ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

        ================================================ 
              
  更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                  ↓ Please click it.  ↓
            
       
               FC2 Blog Ranking  ←花粉症の方々、今日は辛いですネ

         ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しました。よろしくです 。  
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   まとまりの無い記事

 

     昼間の空気が春の匂いに変わってきましたね。
     朝方は、ウグイスの鳴き声が聞こえてきます。

     暖かくなったり、寒くなったり・・・・
     今夜は少し寒いかな・・・・

     修禅寺境内の寒桜が身頃だそうです。

     何故写真が無い?

     ごめんなさい・・・
     近所なんですが、ちょうどチェックアウトが終わった後から
     いつも私、バタバタと仕事をしておりまして・・・(行きたいのですが)
     
     しかし、毎年の事なんですが河津桜の頃は車も人も大混雑!
     今年の開花はかなり早く、通常でしたら10日頃まで咲いているんですが
     もう今は終わっています。
     ピークの頃、土曜日・日曜日の国道は渋滞・渋滞。
     この修善寺から河津まで2時間位かかっちゃうんですよ・・・
     なんか桜を見に行くと言うよりも、人を見に行く様な感じですね。

     でも、もう月末にはソメイヨシノなどの桜が咲いてきますよね
     春爛漫までもう少し!!!
     個人的には待遠しいかぎりです。
     
     4月になりますと「春の弘法さん」があります。
     毎年21日に「湯汲み式」がおこなわれ、桶を持った娘さん達が
     温泉街を行進します。
     昨年は菊屋スタッフの美女?1名が参加しました。

     こちらを御覧下さい→  去年の湯汲み式の模様
     
     気候も大変良くなります。
     ぜひともお越しになって頂ければと思っております。

      ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

        ================================================ 
              
  更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                  ↓ Please click it.  ↓
            
       
               FC2 Blog Ranking 

         ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しました。よろしくです 。  
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

 


     

     

     
     
     

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

   啓蟄のごとく

     お詫びから申し上げなければなりません・・・
     「菊屋番頭のひとり言」の更新が2月、できませんで
     大変申し訳ありませんでした。
     多方面より「どうしちゃったんですか?」「辞めちゃったんですか?」との
     お言葉を多く頂きました。
     業務が立て込んでしまい中々、写真も取れず
     「う~ん・・・いつも見て頂いている方々に申し訳ないぞ!」
     いつも思っていましたが冬眠してしまいました・・・

     「啓蟄」のごとく冬眠していた私、活動を開始いたします!
     ぜひとも又、ご愛読いただければ幸いです。

     今月はかなりのお客様より御予約頂いており
     私たちスタッフも嬉しい悲鳴を上げております。
     どうしてもチェックインが集中してしまいますので
     お部屋への御案内が遅れてしまい、お待たせしてしまう事も
     ありますが御了承の程、お願いいたします。

     現在、菊屋の横を流れている「桂川」の河川工事が
     日中に行われておりまして、重機が川の石を転がす音が
     響いています。
     少し上流にある「独鈷の湯」の移設と共に、河川の川底の
     掘り起こし工事の一環です。
     音が耳障りかもしれませんが、こちらも御了承下さい。

     話しがそれてしまいましたが、この3-4月のブログでは
     前々から考えていた事を入れて行きたいと思っています。

     四季の事柄、事件・出来事はもちろんなんですが
     載せたい事というのは「裏方スタッフ」の事!

     縁の下の力持ち達・・・
     一つ欠けただけでも宿は機能しなくなっちゃいます。
     是非紹介していきたいと思いますのでお待ちくださいね。

             

           2月は虫の様に冬眠していた小番頭より
     

      ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

        ================================================ 
              
  更新の励みになっています。
             クリックして頂けると幸いです。 
                  ↓ Please click it.  ↓
            
       
               FC2 Blog Ranking 

         ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しました。よろしくです 。  
にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

 

    

つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。