菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   2010年元旦

4謹賀新年064

 

 

 

 

 

 

 

 

     皆様、新年明けましておめでとうございます。
     良い初夢と初日の出は見れましたでしょうか?
     「1年の計は元旦にあり」
     何事も始まりは元旦からです。
     新たな気持ちと希望ある年にしたいですね。

     2008年12月11日のブログに書かせて頂いた言葉を
     思い出しました。

        「たゆたえども沈まず」

     パリ市庁舎に書かれている言葉です。

      「どんなに自然が荒れ狂って、セーヌの波に船が揺さぶられようが
      船は沈まない!沈ませてなるものか!」
     という船乗りの心意気をうたったものだそうです

     自然とセーヌの波を今の景気に、船を菊屋に当てはめます。
     船乗り=菊屋スタッフの心意気として新たな2010年を
     進みますので、どうか皆様宜しくお願い申し上げます。 

  

スポンサーサイト
つれづれに

0 TrackBacks
3 Comments
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。