菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


  予約係とお客様

    <女将塾 塾生通信>

     
     お客様が宿にお泊まり頂く際には、ほとんどの場合が
     事前にご予約を取ってからになります。
     ご予約の方法は、お電話で直接のお申し込みや、
     インターネット、旅行代理店など色々な方法があります。

     お客様のご宿泊情報として決まった内容が
     <ご宿泊日、お名前、人数、お部屋数>わかれば、
     お部屋をお取りするわけです。


20060619174515.jpg


     でも、それだけでは予約の仕事は務まりません・・・・・・。

     お客様のパーソナルな情報を出来る限り集めて、
     宿泊当日のご到着からご出発までの間に「よろこんでもらう」ために
     予約があります。

     ご到着までにその情報を各部署に伝達しお迎えする。
 
     予約係が直接お客様と接することは少ないですが
     その分おもてなし係が、お食事の係りが、お掃除の係りが
     お客様に喜びを感じていただくためにがんばってくれています。
    
     予約でのささいな会話で得たヒントを何倍にも膨らませ
     喜びに変えてくれるスタッフです!!

     お客様には心から安心してお泊まりいただける会話を心掛け
     同じ菊屋のスタッフにはお客様を喜ばせる為のヒントを集め
     発信するアンテナとして、信頼できる予約を目指します。

                    駆け出し予約係 トモ



                更新の励みになっています。
                   クリックして頂けると幸いです。
                                 Please click it.
                    →
FC2 Blog Ranking
                                    
                  ノスタルジックな湯回廊菊屋へ


女将塾 塾生通信

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

懐かしいです!

玄関を入った瞬間からの一瞬一瞬を思い出しています。
素敵なスタッフのみなさまでした。
2008/03/03(Mon) 20:10:04 | URL | T [ Edit]

お久しぶりです!

T様、久しぶりのコメント有難うございます。
塾生通信も始めましたよ。
まだ、彼女達も最初の投稿なので書く内容を
悩んでいます。(TT)
感性で書けばいいのに!などと思っているんですが・・・・・
ちなみに私は行き当たりばったりです~。
2008/03/04(Tue) 06:04:31 | URL | 菊屋の丁稚・小番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/125-331c2a2e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。