菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   塾生通信第四番手・・

      <塾生通信>
      何をお伝えしようか悩んだ挙句・・・
      今回はとても個人的になってしまいますが、私の好きな
      菊屋のお部屋を紹介させて頂こうと思います。
DSCF0879.jpgDSCF0881.jpg

 
      露天風呂の付いた新しいお部屋も好きなのですが
      菊屋を充分味わって頂くには、「本館」というタイプの
      お部屋がお薦めです。

DSCF0880.jpgDSCF0883.jpg


 
      中でも、中庭に面したお部屋・・中庭は毎日見ていても
      どんどん表情を変え、見る者を飽きさせません。
      今は、中庭のしだれ梅がきれいに優しく咲いています。
      普段、お忙しくお過ごしの方が、こんな景色をゆったりした
      気持ちで眺められたら、どんなにいいだろうとよく思います。
sidare.jpg
      実際にお泊りになった方の表情を見ていると
      館内でとても柔らかい、リラックスしたお顔の方が
      多い様に思います。
      もしかしたら、菊屋が重ねてきた歴史が
      そうさせてくれているのかもしれませんね。
      私もお客様として一度泊まってみたいなっと思うのでした。
                                      四番手  山
             更新の励みになっています。
                   クリックして頂けると幸いです。
                                 Please click it.
                    →
FC2 Blog Ranking
                                    
                  
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 

女将塾 塾生通信

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/129-b4935ebe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。