菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


  お昼は何を食べよう?

     <女将塾通信>    

     菊屋のチェックアウトは、11時。
     ゆっくり過ごした菊屋を後にして、青い空を見上げる。
SHUZENJI_SPR_190.jpg

     お昼に何を食べよう?

     私の個人的な提案です。
     どんなランチがよいですか?

     修善寺には、お蕎麦屋さんが多くあり
     その中のいくつかをご紹介いたします

     「大戸」。菊屋を出て、少し下るとすぐ右にございます。
     色が濃い麺は、山芋入りの出汁で食べると、
     蕎麦と山芋と山葵が絶妙にからみあい、
     見事なハーモ二ーを味わうことができる。
     南瓜とじゃがいものの煮物が添えてあるのも嬉しい。
     山葵が新鮮で美味。量的にも満足できるのではないでしょうか。

     さらに下ると「なゝ番」。
     琴の音が響く店内は、雰囲気もよい。
     蕎麦を美味しく食べさせてくれる気配りが感じられる。
     駐車場が店横にあるのも、嬉しい。
     おススメの禅寺そばに付く、山葵は新鮮で持帰りも可能。

     そのさらに下ったところに「わらしな」。
     蕎麦の他にも、洋食が食べられるお店。
     蕎麦も美味で、オムライスもおいしい。
     初見のお客様は馴染みにくいかもしれないが、
     料理だけは本当に楽しめる。

     修善寺の蕎麦屋の有名店「朴念仁」。
     竹林を眺めながら、蕎麦の風味が堪能できる。
     値段は安くないが、蕎麦を口に入れた時の香りと
     口に広がる豊かな味わいは、清冽な川の流れを感じる。
     もう少し食べたいと思わずにいられない。

     「花小道」。
     蕎麦が3種類から選ぶことができ、独特の味わいを楽しむことができる。
     黒米蕎麦はコクがある。各種食べ比べるのも楽しい。

     と、まだ紹介できない処はたっぷり。
     自分が何を求めるかによって、本当にいろいろな店が並んでいます。
     自分にあった修善寺の休日を楽しんでいただきたいです。

                                                                          武

SHUZENJI_SPR_028.jpg
   

     追伸    
     写真がなくてすいません・・・・・・・
     コレと言っては何ですが、修善寺温泉の写真でお許しを・・小番頭

                   更新の励みになっています。
                     クリックして頂けると幸いです。
                                     Please click it.
                          FC2 Blog Ranking おいしい御蕎麦にクリック
                                    
                  
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 
     


                               

女将塾 塾生通信

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/146-f97cd343
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。