菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   恵比寿=エビス=漱石

DSC_0002-1.jpg 
     涼を求めて館内をウロウロしました。
     今、売店では空き樽を利用して「エビスビール」や

     「ラムネ」などを氷で冷やして販売しています。
        なぜ「エビスビール」?
     理由はと言いますと・・・・

     あの「夏目漱石」先生が好んで飲んだビールなんです。

     と、言うよりも「エビスビール」しか飲まなかったそうですよ。





 

        恵比寿=エビス
     当時は「恵比寿ビール」と呼ばれていました。
     ちょっと面白い文章があります。
         「ビールがない?」



      「ビールはございませんばってん、恵比寿ならござります」



      「その恵比寿はやっぱり瓶に入っているんだろうね、姉さん」



     旅館のお手伝いさんと交わされるこの軽妙なやりとりは

     夏目漱石の「二百十日」の一場面です。

     漫才の問答みたいですね!
     漱石は1896年(明治29年)4月から4年3か月間

     熊本の旧制第五高等学校に勤務していました。

     1899年9月に同僚と阿蘇中岳に登った際に一泊した

     内牧温泉・養神館での体験が、先の一節のモチーフとなったそうです。
     菊屋にも滞在しましたが、療養が目的でしたので

     当時は飲まれたかは定かではありません・・・・・
     でもそんな事を思いながらキンキンに冷えたビールを

     テラスで「グイッ」と!!!

          

      極楽、極楽・・・(思ってるのは私だけ?)
DSC_0004-1.jpg 
            更新の励みになっています。 
          クリックして頂けると幸いです。

                    Please click it.

                        
            FC2 Blog Ranking 風呂上りに効く~!に賛成の方、クリック

                                    
               
ノスタルジックな湯回廊菊屋へ 







 
つれづれに

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

ビールの飲み方

小生も恵比寿ビール愛好家です。
ついでに云えば、阪神タイガースのファンです。
ちょっと気になる字句があったので、書きます。
「キンキンに冷やす・・・」 これはいけません。
ビールを10度以下に冷やして飲むと、
どんなビールも、味はほとんどおなじです。
適温は12度くらい。
それくらいで本当のビール味が味わえるというものです。
2010/01/30(Sat) 10:17:56 | URL | 恵比寿虎吉 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/150-8ecec0ab
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。