菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


蚊帳ごしに…

おくゆかしい…


そんなコメントを頂ました。
「蛍」の灯火はほんとうに「おくゆかしい」ですよね。


昔は蚊帳に蛍を放ち楽しんだ日本の夏…
ここでは、蚊帳の風景を作ります、日本の夏の情緒を
お届けいたします。


20060601203509.jpg


 


 


漱石もここで「蚊帳越しに…」といくつかの句を読みました。
この空間に身を置いた時、きっと思い出す優しさを感じる事でしょう…



20060601203452.jpg 


phto by サラリーマン番頭


季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

蚊帳をつるなんて、もう小説の中だけの世界だと思っていました。
いいですね、古き良き日本の風情、という感じで・・・。

こういう風情を味わいたくて、“旅”に行くんでしょうね。
2006/06/03(Sat) 12:53:19 | URL | にゃみ [ Edit]

ですねぇ

ご理解いただくと励みになります!
忙しい毎日、違う空気を体感して頂きたいです。

「こんなのどお?」なんてご意見ありましたらぜひアドバイスお願いします!

「夢」を頂ければ幸いです。

サラリーマン番頭
2006/06/03(Sat) 15:39:54 | URL | 菊屋番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/17-04eee789
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。