菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


特別公開

さて、初公開「湯回廊菊屋」の平成の顔
少しだけ覗いて下さい。


20060610193453.jpg 20060610193613.jpg


20060610193646.jpg20060610193716.jpg


20060610194134.jpg20060610194216.jpg


20060610194302.jpg


20060610194349.jpg20060610194415.jpg


今日はここまで


photo by サラリーマン番頭








季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

新しいパンフレットを受け取りました。
送付していただき、ありがとうございました。
見ていると、すぐにでも行きたくなりました。
その時は、よろしくお願いいたします。
2006/06/12(Mon) 17:25:23 | URL | うちだ(兵庫) [ Edit]

ありがとうございます。

いえいえ、こちらこそよろしくお願いいたします。
「パンフレットの写真と違うじゃん!」と、比較的「よそ行き」の写真を使うのが世のつね、そこであえて、地味な仕上げにしております。
と言いますか、なかなか写真ではお伝え出来ないほどさまざまな「顔」を持つ施設でして
…感動、驚き、をお持ち帰り頂き、「口コミ」で伝わる宿にしたいですねぇ

それと、ご宿泊頂いたお客様だけにお渡しする「思い出の綴り」、特別なパンフレットもご用意しておりますよ。

お会い出来る事、楽しみにお待ちしております!

サラリーマン番頭
2006/06/12(Mon) 19:59:10 | URL | 菊屋番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/20-028874c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。