菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   皐月の御挨拶

210501-1.jpg

 

 

 

 

 

 

 


     いよいよ5月。旧暦の「皐月」ですね。
     「さつき」=「早苗月」、田植えの時期でもあります。
     歳時記としては「端午の節句」が有名ですよね。

     もともと日本では、将軍に男の子が生まれると
     旗指物という家紋のついた旗や幟(のぼり)を  
     立てて祝う風習があったそうです。
     やがてこれが武家に広がり、男の子が生まれた印として
     幟を立てるようになります。
     そんな武家を見習い、江戸庶民の間で鯉の滝登りで
     立身出世のシンボルとなった鯉を幟にするアイデアが
     うまれます。
     こうして武家の幟に対して、町人の間で
     鯉幟(こいのぼり)が揚げられるようになり
     端午の節句に欠かせないものとなったそうです。

     「端午の節句」は五節句の1つというのは
     ご存知ですよね。
     少し調べてみました。

        「人日 (じんじつ)」 (1月7日 ・ 「七草がゆ」)
       「上巳 (じょうし)」 (3月3日 ・ 「桃の節句」)
       「端午 (たんご)」   (5月5日 ・ 「端午の節句」)
       「七夕 (たなばた)」 (7月7日 ・ 「七夕」)
       「重陽 (ちょうよう)  (9月9日 ・ 「菊の節句」)


     奈良・平安時代にはそれぞれの節句が行われ
     季節の節目に 身を祓う「厄払い」の行事として
     五節句は重要視されていました。

     現在でも残っている「七草がゆ」やひな祭りの「流しびな」
     端午の「かぶと飾り」「菖蒲」、七夕の「笹」
     重陽の「菊」などは、何とはなしに食べたり飾ったりして
     いますが、全て「厄払い」の意味をもつ食べ物や
     道具だという事です。

     実はブログを書いていると結構、勉強になるんですよ。
     色々と調べますからね。

     5月最初の御挨拶と思っていましたが長々と
     書いてしまいました・・・・・
     今月も4月に引き続き、更新を勧めてまいります。
     宜しく御愛読の程、お願いいたします。

        (連休中はちょっと難しいかも・・・・・・)
                  

210501-3.jpg                                 210501-2.jpg    

   

          ■◇ ノスタルジックな湯回廊菊屋へタイムスリップ ◇■ 

       ================================================  
              
  更新の励みになっています。
                クリックして頂けると幸いです。 
                      ↓ Please click it.  ↓
            
       
                  FC2 Blog Ranking  ←私、頑張りますので!

          ↓ ブログ村(旅館カゴテリー)に参加しています。
                  にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/209-3c665987
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。