菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


雨もまたよし

20060613201619.jpg


雨の中、各メデアの方々の取材お疲れさまでした。
また数多くの方達の目にふれる事と思います。


前回よりこのブログにお越しの皆様には先行して
新しくなった「湯回廊菊屋」をご案内しておりますが、庭園の風景を交え
続きをごらん下さいまし。


20060613202438.jpg20060613202517.jpg


離れを巡る回廊20060613202651.jpg


20060613203306.jpg20060613203524.jpg


ライトアップされた庭園20060613203629.jpg
離れ客室



20060613203722.jpg離れ露天のお風呂


20060613203934.jpg20060613204008.jpg


20060613204136.jpg珈琲の香りと琥珀色のグラスを
傾けるラウンジ


20060613204338.jpg20060613204411.jpg



 


雨は緑をいきいきとさせる。
そして昔、ここを「積翠堂」、緑を積み重ねた館と呼んだ
著名人がいた…


20060613205128.jpg吹き抜けの存在感は古い梁
古き洋館はメゾネットに
20060613205227.jpg20060613205518.jpg


P1010353.jpg屈折する光が柔らかい平成の館


つづく


photo by サラリーマン番頭


20060613210155.jpg


 


 


 














季節の絵はがき

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

出来ることなら

番頭さんの写真だけでも充分楽しんでいますが、メディア情報も流していただけると嬉しいです。
といっても、全国放送とか雑誌でないと、なかなか見ることはかないませんが。

瀬川瑛子さんご推奨の米屋の模様は、未だにとってあったりします^^;
2006/06/14(Wed) 23:32:47 | URL | くに [ Edit]

了解です。

現時点では新聞、雑誌、TVと沢山の
取材がありますが、企画段階の物が多く、勝手に発表出来ない内容もあります、発表出来るようになりましたらご案内いたしますね。
おたのしみに!

2006/06/15(Thu) 17:51:01 | URL | 菊屋番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/21-5a9b1db1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。