菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


お食事処

さて今日は「お食事処」をチラっと


提供されるお食事は「趣肴会席」(しゅこうかいせき)
今日の献立はお客様が組み立てる
簡単に申しますと…100通りのメニューが…お客様の好みで…
おかわりも…お部屋出しの感覚で…


なぞなぞでした。
ただ、おそらく今まで日本旅館には不可能とされたものですね。


20060615204744.jpg


お一人様の…



20060615204848.jpgお二人様の…


20060615205009.jpg


四名様の…


20060615205119.jpg
20060615205158.jpg20060615205237.jpg



20060615205327.jpg六名様に…


今日はこれくらいに


photo by サラリーマン番頭








 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
1 Comments

Comment

ご無沙汰しています。

皆々様お元気でご活躍の事とお察し致しております。間もなく開館ですね。東京でも老舗菊屋旅館様のオープンを待ち望んでいます。

ホタルさんも優雅に園内を飛び回っていると聞いています。8月までは数匹は飛ぶと思っています。

私も是非ともプライベートで行かせて頂きたく思っています。

また、リンクやコメントをして下さり心より厚く御礼申し上げます。

梅雨からトパーズ色の夏が来ますが、お身体御自愛下さいませ。
2006/07/08(Sat) 16:05:24 | URL | 阿部 宣男 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/22-8606ab80
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。