菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   紅葉通信・第3の巻

     晴天とはちがう曇天の世界・・・・・・・
     紅葉の色合いは落ち着いた感じになります。

     回廊を歩いて窓枠から覗く秋の景色。
     何気ない景色かもしれません。
     ですがキャンパスとして考えると良い構図ですよね。

     本館「花の語り部」の客室でイスに座って
     庭を眺めて見ました。

     良い感じ・・・・・な眺め。
     「きっと朝露に濡れて朝日が当たるときれいだな・・・」
     少し感傷に浸っていました。

                                211124-2.jpg

 

 

211124-8.jpg 211124-10.jpg                       211124-11.jpg  

 

たった2~3日の間に葉に付いた絵の具に変化が・・・・・・
とっても自然にはかないませんね。
人工では出来ない色。
微妙に変化する色。

菊屋の紅葉は、まだまだ色付きます。


211124-9.jpg                                                                              211124-12.jpg  

 

211124-5.jpg 

 

211124-3.jpg                           211124-14.jpg 

 

211124-13.jpg                    211124-14.jpg 

 

211124-7.jpg 

211124-13.jpg

 

                                                        Photo   by   小番頭   

 

  連休が終わりましたね。
     毎日フル回転でしたが実は、今月末まで続きます・・・
     嬉しい悲鳴ですが、体が悲鳴をあげるかもしれません。(TT) 

季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/242-bc60fdd7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。