菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   昭和14年 ニューヨーク

     前回、お話ししました修善寺と富士山の続きです。
     
     下の写真をご覧下さい。(クリックすると拡大されます)
     昭和14年にニューヨークでお披露目された日本の富士山の
     パノラマ写真です。
      
     この伊豆・修善寺 菊屋に泊り込んで撮影されました。     


pano_1_20130705175437.jpg
 
        【昭和14年 ニューヨーク万博展示写真】


250701.jpg 
        【平成の富士】


     達磨山・・・・
     ここから撮影された富士山の写真は昭和14年に開催されたニューヨーク
     万国博覧会に出品されました。

     昭和13年、日本政府は、米国にその国威を見せ付けるべく、
     ニューヨーク万国博覧会に日本の代表的な富士山の巨大パノラマ写真の
     出品計画が決定され、指名をうけた小林禎信技師(六桜社 現在コニカ)は
     上州・信州・甲州など富士山の周りを巡り、撮影に適した場所を探し
     歩きましたが見りませんでした。
     その年の秋 修善寺を訪れ菊屋をこよなく愛していた作家吉田絃二郎
     が絶賛した展望台に案内したところ『ここは最高だ!日本一の富士山の
     撮影地はここ以外になし』と、行き着いたがこの達磨山でした。

       「PANORAMA OF GRACEFUL MT.FUJI/達磨山からの富士」
    
     と名づけられた写真は昭和13年10月26日早朝撮影され
     実に高さ8.2m、幅32.7mの大パノラマ写真として出品されました。
     当時のニューヨーク市民は、そのとてつもなく大きな写真を大絶賛したと
     いいます。
    ------参考文献  修善寺の栞より抜粋--------

                     

 


季節の絵はがき

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/273-6d113a70
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。