菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


乱入!ちょっと待って~!

     「来たー!」
     おそろいの赤いハッピ姿。
DSC04265.jpg
DSC04267.jpg

     子供神輿の後に、女神輿が続きます。
     菊屋前で神輿をあおりますが、玄関に迫ります。
     ムムムッ!やばい!中に入ろうとしている!」
     帳場スタッフが、玄関ドアを閉めて塞いでいる為に入れません。
     何回か挑発するように迫りましたが引き上げました。


     が、しかし・・・・・・本命の男神輿が・・・!


     玄関ドアを閉めているにもかかわらず制止するスタッフに迫っております。
     担ぎ手の連中によって玄関ドアが開けられとうとう館内に
          進入されてしまいました。

                                   DSC04269.jpg


     「あ~!やられた~!」


     もう写真を撮ってるどころではありません。
     急ぎ神輿の前に回りこみ抑えますが多勢に無勢・・・・


     玄関で制止していたスタッフKさんは神輿を捕まえたまま
     引っ張られています(笑)


     「待った、待った!止まれ、止まれ!」


     玄関ロビーを越え、帳場前に迫ります。
     帳場前・5mで停止。
     これ以上前に神輿が入れない為、やっと止また~!!
     しかし、タダでは帰りませんでした・・・・DSC04270.jpg


     玄関ホールで掛け声と共に神輿のあおりが!
     若女将、初めて見る光景に「信じられな~ぃ・・・・」。

         DSC04271.jpg
                                   
      嵐の去った後には絨毯に汚れがいっぱい・・・・・・
     掃除が大変です。
     そうこうしている内に温泉場内を一周して来た、上神戸町内会の神輿が戻り
     大盛況の内に大祭が終了致しました。
     その後、スタッフ一同で町内会からの差し入れ、煮物とおにぎりを頂きました。


     毎年の事ですが毎回、神輿に進入される菊屋ですが
     是非、この日にお泊りになってはいかがですか?

つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/77-1f516e8d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。