菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


  御礼

DSC04249.jpg


     私め、本日出社した所スタッフよりチェックアウトされた
     お客様がこのブログ、いつも見ています。
     書いてる方いらっしゃいますか?と尋ねられたそうです。

     しかし私、まだ出社しておらずお会いできませんで
     とても残念でした。

     N様そして、いつも当ブログを見て頂いています皆様
     文才の無い私でございますが、今後共よろしくお願い致します。


                              小番頭 落合
  DSC04250.jpg




つれづれに

0 TrackBacks
4 Comments

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2007/11/01(Thu) 19:23:49 | | [ Edit]

お待ちしています

T様、いつも見て頂きましてありがとうございます。
お泊りの日、お待ちしております。
写真は何気なく、通り過ぎてしまう場所の良い所撮りかもしれません(笑)
これから紅葉の色がだんだんと色づいて来ます。紅葉通信をお楽しみに!
2007/11/01(Thu) 20:36:35 | URL | 菊屋の丁稚、小番頭 [ Edit]

楽しみにしています

私も月曜日のチェックアウトの時、同じことをスタッフの方に申し上げました。日曜日に妙の間に宿泊したOです。

他にも候補の宿がいくつかあったのですが、番頭さんのひとり言を拝見して、迷わずここに決めました。開業前からの番頭さんの思い入れに惹かれました。それは他のスタッフの方々にも引き継がれていると思いましたので、きっと素敵なお宿だろうと思いました。実際のところ、期待以上に素晴らしいお宿で、家族ともども大満足、とても満ちたりた気分で帰ってまいりました。こちらの具体的な感想は、別途お知らせしたいと思います。

小番頭さんも大番頭さんに負けず劣らず、写真が素敵で文才もおありになるし、とてもセンスのあるフォト日記になっていると思います。このお陰で、私自身は写真を撮らずに済みました。

日記の番頭さんとは知らないで、2回、言葉を交わしたようです。1回目はチェックイン後、草庵に向かって歩いている時、私が「紅葉の時期に来たかったのですが、寒いから嫌だと両親が言っているので」と話したら、「こちらは、そんなに寒くないですよ」とおっしゃいました。

両親もこの宿を大変気に入りまして、来年の紅葉の時期は是非また来たいと申しております。これからが紅葉の季節、今後も日記を楽しみにしております。そして、来年、落合さんとお話しできるのも楽しみにしております。機会がありましたら、前の大番頭さんにもよろしくお伝えくださいませ。
2007/11/03(Sat) 14:47:52 | URL | Sherry [ Edit]

覚えておりますよ

O様こんにちは。
御両親様とお泊り頂きましたね。確か金婚式だったと記憶しております。
記念日を菊屋で過ごしてもらいありがとうございました。御両親様も気に入っていただき恐縮です。
当ブログもコマ目に?更新していきたいと思っています(笑)
又のお帰りを心よりお待ちしております。
御両親様にも御伝え下さいませ。
2007/11/04(Sun) 21:08:00 | URL | 菊屋の丁稚・小番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/81-02d04ea3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。