菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


  備えあれば憂いなし

     今日は修善寺温泉旅館組合の加盟旅館全体で
     「防災訓練」を実施しました。
     お客様がチェックアウトされた11時過ぎ、フロント・レストラン・
     厨房スタッフが集合し訓練内容を説明。
     深夜での火災想定と夜、レストランでの出火想定の2回に
     分けて行いました。

 
    けたたましく非常ベルが鳴り、夜担当のスタッフが火災現場に
     走り実情を確認。
     急ぎ館内放送でお客様に連絡し消防署に通報。
     他のスタッフは御客様を安全な場所に誘導・・・と、本番さながらの
     訓練でした。

     よく新聞やニュースに「従業員の避難誘導がなかった。」とあります。
     たとえあったとしても火災というパニックの中では
     聞こえないかも知れません・・・
     訓練終了後の講評でも話がありましたが、
     一番は何があっても確実に声掛け、安全な場所への
     避難誘導を優先する事。


     当たり前の事なのですが、実際に起こった場合に自分達が
     
いかに冷静に、行動できるかを再認識いたしました。


     「備えあれば憂いなし」
     何もない事に越した事がありませんが、備えは常に必要ですね。
    
     (写真がなくて残念です・・・
        スタッフが「顔を出さないでくれ」と、泣いて頼むものですから・・・)

つれづれに

0 TrackBacks
2 Comments

Comment

互いの

『信頼関係』が大切なんでしょうね!
それがあれば、パニックにはならないのでしょう。
2007/11/13(Tue) 23:25:07 | URL | T [ Edit]

そうですね。

まさしく御言葉通りです。
数年前、当館の隣にあった旅館から深夜。出火しました。
その旅館は全焼。朝方、やっと鎮火しました。
菊屋にもお泊りのお客様がおり、近くの総合会館に避難して頂きました。
幸いにも菊屋には飛火せず、延焼は免れました。この時も皆様、冷静に非難して頂き感謝しております。
2007/11/14(Wed) 20:58:47 | URL | 菊屋の丁稚・小番頭 [ Edit]
管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/87-b7122b1a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。