菊屋番頭のひとり言

「伊豆・修善寺温泉 老舗旅館 菊屋」宿屋での四苦八苦や七転八倒、喜怒哀楽・・・。            前大番頭から引継いだ文才の無い小番頭。季節の写真をまじえた迷・大奮闘紀。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告


   光陰矢の如し

DSC_0003-1.jpg

     “光陰矢の如し”と言いますが、早いもので2007年度も
     残り一月、カレンダーも1枚となってしまいました。

     毎年12月は、時の経過の速さを実感させる月でもあります。


     「春支度」・「年の市」・「羽子板市」・「歳暮」・「御用納」
     「年忘れ」・「除夜の鐘」
と並べてみると、一年の終わりの
     独特な雰囲気が伝わってきます。

     また、一年の締めであり、すべての行動の帰結の月でもあります。
     振り返って見れば、12月と言わず、年中師走の多忙な
     一年であったとは思いますが、来年度に新たな期待と決意を
     かける月でもありますね。

     来年は「平成」になって20年・・・・・・・・・・
     早いな~・・・と、思っているのは皆様も同じですよね。


     

つれづれに

0 TrackBacks
0 Comments

Comment

管理者にだけ表示

Trackback

トラックバックURLはこちら
http://yukairoukikuya.blog65.fc2.com/tb.php/95-281338a4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。